筋トレ×ダイエットまとめ

筋トレ・ダイエットに関する2chのスレッドをまとめています( ・ω・)

    ランニング

    photo-1542551537-3d96a13882a1
    1: オベロン(宮崎県) [VN] 2020/12/04(金) 06:54:57.56 ID:11mM9+EC0● BE:512899213-PLT(27000)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_karake.gif
     寒い冬の季節。ランナーの中には、寒さのあまり外に出るのが面倒になっている人もいるかもしれません。そんな時期に快適なランニングライフを送るための注意点や寒さ対策を、ウェアやインナーなどの服装、寒い時期に起きやすい怪我にフォーカスを当てて紹介します。

    ●脱水症状に注意。寒くても水分補給はこまめに行う
     夏の暑い時期と異なり、寒いときはあまり水分補給を意識しない方が多いでしょう。しかし寒くても脱水症状を引き起こす危険があります。
    一見すると汗をかいていなくても、皮膚などを通じて水分が奪われていることを認識しておきましょう。
    また、寒いからといって厚手のウェアを羽織っていると、その中で大量の汗をかいていることもあります。
    そのため、寒い時期でもこまめに水分補給を行いましょう。

    ●低体温症に注意。着脱しやすいウェアにする
     また、気をつけておきたいのが低体温症。寒いと皮膚から身体の内側まで冷えていきます。低体温症になると身体が震え、鳥肌が立ち始めます。
    さらに体温が低下すると動くこともままならなくなり、最悪の場合は心臓の働きなどに影響を与えかねません。
    そうならないよう、寒い時期は薄着でのランニングは避け、シェルウェアやアームウォーマーなど、着脱のしやすいウェア類の活用がオススメです。
     大会でスタートまで時間が空くなら、寒いのを我慢せず上着を着て待機しましょう。ビニール合羽などであれば、十分に身体が温まった段階でゴミ箱へ捨てても構わないでしょう。

    ●発熱性のあるインナーに注意。通気性がよく、吸汗性と速乾性に優れたものを選ぶ
     温かい状態を保とうと、ヒートテックなど発熱性を持つインナーをランニングでも使用している方がいるかもしれません。しかしランニングでは、こうしたインナーは避けた方が無難です。
    発熱性のあるインナーは、熱を外に逃さないよう通気性が低くなっています。その状態で走って汗をかくと、その汗はインナーの中に留まってしまい、ランニングを止めた際、身体が一気に冷えてしまう原因になりかねません。
    そのため、寒い時期でも吸汗性と速乾性に優れたインナーを選んだ方が、快適にランニングを楽しめます。

    いかそ
    https://melos.media/training/49653/

    記者の個人的なお勧めメーカー
    https://www.underarmour.co.jp/ja-jp/

    【【ν速マラソン部】冬の外ランニング、寒さ対策のほかに気をつけたいポイント】の続きを読む

    膝の痛み
    1: 名無しさん@おーぷん 20/10/10(土)18:37:50 ID:4M1
    これは走り方があかんのか?

    【今日10km走ったんやが肺とか筋肉よりも骨?が痛むんだが】の続きを読む

    byouki_genchou
    1: 風吹けば名無し 2020/10/09(金) 07:04:34.07 ID:Oi+/bcSop
    だいぶ楽やわ

    【筋トレ、ランニング 始めたら不安障害弱まって草】の続きを読む

    32564311
    1: 風吹けば名無し 2020/11/06(金) 20:28:58.09 ID:MYAEccGf0
    あれ筋トレ民は笑うらしいな

    【ジムでランニングしてるヤツwww】の続きを読む

    20151128230309
    1: 風吹けば名無し 2020/12/10(木) 16:33:20.11 ID:8pYFLMp+0
    全身ガッチガチで寝ててもしんどいんやが

    【【悲報】ワイ、ランニングにハマって身体が動かない】の続きを読む

    このページのトップヘ